HOME > 学部・学科 > 看護学科 > 看護学科 学科概要

看護学科

看護学科

看護学科 学科概要


教育研究上の目的

 看護学科は、「人に尽くすことを自らのよろこびとする」という本学の理念に基づき、幅広い教養と深い専門的素養を持ち、「サイエンス(科学的な看護学の知識)」、「アート(看護実践能力)」、「ヒューマニティ(ケアの心)」の3つを兼ね備えた看護師の育成を目指します。  

  • 1.ヒューマニティとアートの統合としての「人に尽くす」看護の探究
  • 2.サイエンスとアートを統合し、あらゆる健康レベル、看護ニーズに応じた看護実践力の育成
  • 3.異なる学科、学年との協働的学習による関連多職種と協働する能力の育成

育成する人材像

 看護学科は、以下に示す7つの育成する人材像を縦糸とし、「サイエンス」、「アート」、「ヒューマニティ」を横糸として看護学の教育を構築しました。この7つの育成する人材像と「総合基礎科目」「共通専門基礎科目」「看護専門科目」を構成する各科目が、横断的な関連をもち、階層的に学習の積み重ねができるように、科目進度を構成しました。

  • いのちの尊厳、人間の理解を深める。
  • 人に尽くす個人の働きと社会のしくみを理解する。
  • 医療の実践者として他者とともに育ちあう基礎的な力を養う。
  • いのちの営みを理解し、疾病を予防し、健康を維持・回復・増進する医療との関連を探究する。
  • 医療及び疾病を理解し実践の基礎力を得る。
  • 他の医療者と協働して生涯にわたり自律した学習に取り組む基礎力を得る。
  • 高度化・専門化する医療及び看護に対応できる知識と技能、そして応用力を得る。


<< 前のページに戻る

ページトップ