就職支援

ガイダンスの実施

 入学時にオリエンテーションを実施し、将来の進路について考え、自己判断できるように指導します。また、卒業及び卒業後の就職については、チューター及び学科長が協力してあたります。

社会的・職業的自立に関する指導等及び体制

 社会的・職業的自立に関する指導等の体制は学生委員会と事務組織の就職・渉外課が中心となって行い、個々の学生への指導や支援はチューターが行います。学生委員会と就職・渉外課は、大学院の入試情報や企業の就職情報の収集し、学生への周知を図るとともに、チューターはこれらの情報を共有するとともに、担当の学生の大学での成長過程を初年次から把握し、卒業時点での学生の能力や素質を理解し、学生の希望をもとに個別に学生と相談し、支援を行う体制をとります。