臨床検査学科 4年制|定員30名

教育研究上の目的

 臨床検査学科として探求し教育する学問分野は、血液学的検査、化学的検査、分子生物学的検査、免疫学的検査、微生物学的検査等の検体検査、そして超音波検査、心電図検査、脳波、筋電図、MR検査等の生体検査など臨床検査全般に及びます。また臨床検査を実践するために必要な情報処理、精度保証、システム、医用工学等のいわゆる検査管理学、そして検査データの判読方法(病態解析)、臨床研究の方法、感染対策・栄養管理等への臨床検査の応用についても学びます。卒業後に、医療施設、検査センター、試薬・機器の製造開発メーカー、研究所等でも活躍ができるような基本的知識と技能を身につけることを目的とします。
 一方、教員の配置も特定の分野に偏ることなく、臨床検査全般に充実した教育、研究が出来るよう配置しました。

臨床検査学科が育成する人材

 大学及び学部の基本理念に基づいた教育とともに、さらに臨床検査学科としては、上記の教育研究の目的に示したように、卒業後、医療施設、検査センター、試薬・機器の製造開発メーカー、研究所、教育機関等いずれの道に進もうとも、本学で培った臨床検査の知識と技能を生かし、さらに発展を遂げられる人材の育成をめざします。基本にあるのは「臨床」であり、豊かな人間性と高い倫理観を持ち、他者と育ち合う気持ちを持った人材に加え、臨床検査学科として以下の人材を育成します。

  • チーム医療の一員としての専門性を備え、責任感と連携・協調性を持った人材
  • 医療、生命科学分野等で広く活躍できる人材
  • 創造的な探求心と研究的な態度を備えた人材

臨床検査学科ディブロマ・ポリシー

 臨床検査学科の教育課程を修了し、以下に到達した者に学士(臨床検査学)を授与します。

  • 1. 他人を思いやる、豊かな人間性や高い倫理観をもち、臨床検査学のプロフェッショナリズムを持って行動できる。
  • 2. 臨床検査学および周辺領域の最新の専門知識・技術を持ち、それらを総合的に活用できる思考力・分析力を身につけている。
  • 3. 他者の思いや考えを理解し、良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力を身につけている。
  • 4. 臨床検査学の専門職として、医療チームの力を引き出し高める役割が期待されていることを自覚し、他者との協働の下に自律的に専門性を発揮するための基礎的能力を身につけている。
  • 5. 新しい検査技術を開発するために、医療の中で直面する課題を常に真摯に探求する態度を身につけている。
  • 6. グローバルな視点で様々な検査技術を用いて人々の健康維持に貢献できる資質を身につけている。

臨床検査学科カリキュラム・ポリシー

 臨床検査学科のディプロマ・ポリシーの達成を目指し、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し、学修効果を適切に評価します。

  • 1. 他人を思いやる、豊かな人間性や高い倫理観をもち、臨床検査学のプロフェッショナリズムの涵養に必要な教養科目を、4 年間を通して学修できるようにバランス良く配置する。
  • 2. 臨床検査学および周辺学問領域の最新の専門知識・技術を持ち、それらを総合的に活用できる思考力・分析力を高めるために、検査専門分野科目を系統的かつ段階的に学修できるように配置する。
  • 3. 新しい検査技術を開発するため常に学修し、医療の中で直面する課題を真摯に探求する能力を高めることができる科目を配置する。
  • 4. 医療現場における臨床検査専門職に必要な知識・技術・態度を段階的に獲得できるように、関連する内容は講義科目・演習科目・実習科目で構成する。
  • 5. 実習科目は、学生ひとり一人の個別性に応じて学修できるように、少人数の学生に教員1名を配置する形態で授業を展開し、検査技術を習得できる教育とする。
  • 6. 自主的かつ自律的に学修できるように自習時間を適正に組み込んだ時間割を編成する。
  • 7. 学修成果は、小テスト・課題、定期試験・レポート試験など複数の方法を用いて総合的に評価する。また、各授業終了時の感想・意見および全授業終了後の学生評価アンケートなどの学生による評価を授業改善に取り入れ、学生・教員双方向の授業を展開する。

関連リンク

臨床検査学科 カリキュラム

教育課程編成の特色

 教育課程の編成の特色としては、「総合基礎科目」「共通専門基礎科目」及び「臨床検査専門科目」を設置しています。 「総合基礎科目」及び「共通専門基礎科目」は、1年次から4年次まで適宜履修できるよう配置し、一方、「臨床検査専門科目」も1年次から履修するよう配置しました。これにより「総合基礎科目」「共通専門基礎科目」と「臨床検査専門科目」を平行しながら学習できるようにしました。

総合基礎科目

 「総合基礎科目」は、医療従事者にとって必要な人間の理解及び社会・文化に対する臨床検査の位置付けとその認識について学び、国際化、情報化に対応できる総合的学習を目的とする科目群を設定しました。枠組みとしては、「人間と社会(いのちの尊厳、理解を深める)」及び「協働的医療実践の基礎」の2科目群とし、さらにこれらのうち第1の科目群については、「こころと身体」「生活と社会」「芸術とコミュニケーション」及び「言語と国際性」に細分し、人間を単なる生命体ではなく社会的、心理的存在であることを総合的、多角的に捉えられるように工夫しています。

共通専門基礎科目

 「共通専門基礎科目」は、「体のしくみと医療」及び「協働的医療実践の展開」の2科目群で構成しました。総合基礎科目での学習を生かし、人間の存在を医療、医学、福祉、行政等からの視点でさらに深く捉え、チーム医療の実践者としての素地を育成します。

臨床検査専門科目

 「臨床検査専門科目」は、基礎・基本から実践・応用まで、学生一人ひとりが臨床検査技師として実践に必要なより専門的知識と質の高い技能を系統的に学習し、社会に貢献できる臨床検査技師としての資格に対応できる科目群で構成しました。すなわち臨床検査技師として、専門的知識、技能を深め、実践能力を培うため、臨床検査学科では「臨床検査ガイダンス」「臨床病態学」「形態検査学」「生物化学分析検査学」「病因・生体防御検査学」「生体機能検査学」「検査総合管理学」及び「臨地実習・セミナー」の8領域を設けました。以下にそれぞれの概要を記します。

授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業計画(シラバス)
1.臨床検査ガイダンス

 臨床検査の基本を理解するために、学問的な基本知識を学びながら実践的実習を行うことにより、その後の授業に対するモチベーションの高揚を目的としています。「臨床検査学序説」「臨床検査基礎実習Ⅰ(器具・試薬・鏡検)」及び「臨床検査基礎実習Ⅱ(秤量・泳動・鏡検」の3科目を設定しています。
「臨床検査学序説」では、臨床検査の意義、臨床検査技師の役割等を学び、「臨床検査基礎実習Ⅰ(器具・試薬・鏡検)」及び「臨床検査基礎実習Ⅱ(秤量・泳動・鏡検)」では、臨床検査に用いる基本的な器具の使い方、試薬の作り方、顕微鏡による細胞・組織の観察、シミュレータによる採血法等を学びます。

2.臨床病態学

 臨床検査データの使い方と読み方及びその解析方法を学ぶことを目的とし、「臨床病理学総論」及び「臨床病理学演習(実例解読)」を設定しています。「臨床病理学演習(実例解読)」では、実例から検査データの読み方及びその解析・活用方法を学びます。

3.形態検査学

 顕微鏡を用いて組織や細胞を形態学的に捉える検査、血球計数機器や計算板を用いて血球数を算定する検査、凝固・線溶因子の定量検査等を含む科目群です。「病理学」「病理組織検査学」「病理組織検査学実習Ⅰ(標本作製)」「病理組織検査学実習Ⅱ(鏡検)」「細胞診学」「血液検査学」「血液検査学実習」及び「形態検査学特論」を設定しています。

4.生物化学分析検査学

 主に検査試料(検体)中にある物質を化学的あるいは放射線学的手法を用いて分析する検査と、染色体・遺伝子分析検査に該当する群です。「臨床化学検査学総論」「臨床化学検査学各論」「臨床化学検査学実習」「生体構造代謝学」「環境検査学実習」「尿一般検査学」「尿一般検査学実習」「放射線同位元素検査学」「分子生物学」「分子生物学実習」及び「生物化学分析学特論」を設定しています。尿一般検査は細胞、細菌、酵母、結晶等の形態検査も含みます。

5.病因・生体防御検査学

 微生物による感染症、生体防御機能としての免疫、輸血・移植に伴う免疫反応を捉える検査の科目群です。「微生物検査学総論」「微生物検査学各論」「微生物検査学実習」「医動物検査学」「免疫検査学」「免疫検査学実習」「輸血移植検査学」「輸血移植検査学実習」「分子生物学」「分子生物学実習」及び「病因・生体防御検査学特論」を設定しています。

6.生体機能検査学

 人体に接触端子を直接装着し、生体情報を得る検査の科目群である。「生体機能検査学総論」「生体機能検査学各論Ⅰ(呼吸)」「生体機能検査学各論Ⅱ(循環)」「生体機能検査学各論Ⅲ(神経)」「生体機能検査学各論Ⅳ(画像)」「生体機能検査学実習」及び「生体機能検査学特論」を設定しています。