臨床検査学科 4年制|定員30名

教育研究上の目的

 臨床検査学科として探求し教育する学問分野は、血液学的検査、化学的検査、分子生物学的検査、免疫学的検査、微生物学的検査等の検体検査、そして超音波検査、心電図検査、脳波、筋電図、MR検査等の生体検査など臨床検査全般に及びます。また臨床検査を実践するために必要な情報処理、精度保証、システム、医用工学等のいわゆる検査管理学、そして検査データの判読方法(病態解析)、臨床研究の方法、感染対策・栄養管理等への臨床検査の応用についても学びます。卒業後に、医療施設、検査センター、試薬・機器の製造開発メーカー、研究所等でも活躍ができるような基本的知識と技能を身につけることを目的とします。
 一方、教員の配置も特定の分野に偏ることなく、臨床検査全般に充実した教育、研究が出来るよう配置しました。

臨床検査学科が育成する人材

 大学及び学部の基本理念に基づいた教育とともに、さらに臨床検査学科としては、上記の教育研究の目的に示したように、卒業後、医療施設、検査センター、試薬・機器の製造開発メーカー、研究所、教育機関等いずれの道に進もうとも、本学で培った臨床検査の知識と技能を生かし、さらに発展を遂げられる人材の育成をめざします。基本にあるのは「臨床」であり、豊かな人間性と高い倫理観を持ち、他者と育ち合う気持ちを持った人材に加え、臨床検査学科として以下の人材を育成します。

  • チーム医療の一員としての専門性を備え、責任感と連携・協調性を持った人材
  • 医療、生命科学分野等で広く活躍できる人材
  • 創造的な探求心と研究的な態度を備えた人材

関連リンク