医療学部 学部長挨拶

教育の特色
学部長

 天理医療大学医療学部では、看護師、臨床検査技師の2つの医療専門職を養成しています。
 専門職とは、―権威あるものからの強制ではなく、自ら主体的に考え、自己の責任において判断し行動する―自律に基づいて、専門領域の“知”の構築と発展をとおして、成熟した社会の発展に貢献できる人のことです。医療専門職である看護師・臨床検査技師は、体系化された学問としての看護学、臨床検査学に基づき、科学的根拠に裏打ちされた実践を行い、実践の成果を科学的、論理的に検証して、質の高い実践を現場に定着させていきます。さらに、臨床の実践の場で新たな課題を発見し、その現象を分析、解明して、新たな“知”を構築することにより、看護学、臨床検査学をさらに発展させていかなければなりません。
 医療学部では、学生ひとりひとりが生涯にわたって医療専門職として成長していけるよう、その基盤となる能力の育成に向けて、教職員一丸となって支援を行っています。基盤となる能力の重要な位置を占めるのは、ものごとの本質を見極めようとする柔軟でリベラルな知的好奇心であり、その知的欲求に発動されて、自ら学び成長しようとする主体的学習力、自己教育力です。一方、この学習は、机上で個人が自分のために黙々と行う学習とは一線を画しています。1つには、医療専門職の学習は、単に自己の知識欲を満たすためのものではなく、医療を利用する人々の健康を支援するために使われてこそのものだということです。もう一つは、この学習は、医療職だけではなく、医療の対象者をめぐって張り巡らされたネットワークに組み込まれた保健や福祉や教育分野などの多種多様な人々との協働、即ち、多職種間の理解と尊重に基づく対話無くしては成立しないということです。そして、このような医療者として“在る”ことの意味を自問しつつ学び続ける姿勢は、医療専門職に期待される倫理的態度としてとても重要だと考えます。
 このような医療専門職を育成するために、医療学部では次のような特色あるカリキュラムを準備して、学生一人一人を支援しています。


  • 総合基礎科目及び共通専門基礎科目での看護学科・臨床検査学科の共通カリキュラム
  • 総合基礎科目での学年を超えた統合カリキュラム
  • 実習病院と一体化した臨床実習
  • Team-based learning
  • e-learning system
  • 学習の達成度や成長を記録・検証できるポートフォリオ
  • チューター制度

 天理医療大学医療学部で有意義な大学生活を送り、医療専門職としてのキャリアを力強く歩んで行かれるよう期待しています。

医療学部長
  内田 宏美

学部長/教授

内田 宏美(ウチダ ヒロミ)



学位
博士(社会学) 免許:看護師
主な担当授業科目
〔科目責任〕
両学科1回生必修科目「医療安全学」
両学科2回生必修科目「相互扶助論演習」
看護学科3回生必修科目「看護生涯学習論」
看護学科4回生必修科目「看護生涯学習論}(旧カリ)
4回生臨床検査学科必修・看護学科選択科目「医療安全学Ⅱ」(旧カリ)

〔科目担当〕
両学科1回生必修科目「フレッシュマンセミナー」 両学科1回生必修科目「医療実践基礎実習」 両学科1・2回生必修科目「言語的コミュニケーション演習A・B」 4回生臨床検査学科必修・看護学科選択科目「総合臨床演習」

主な研究テーマ

〔研究代表者として実施した科学研究費による研究課題〕
・看護職リスクマネージャーのパワー構造とリーダーシップに関する組織論的研究
・アクションリサーチによる看護職医療安全管理者のスキルアップ支援プログラムの開発
・屋根瓦式アクションリサーチによる新任医療安全管理者の実践力強化プログラムの開発
・スカイプを活用した中山間地等の中小規模医療機関の医療安全管理者のスキルアップ支援
・訪問看護における医療安全地域ネットワークとコンサルテーション・システムの構築

〔研究分担者として実施した科学研究費による研究課題〕
・音楽によって生じる感情反応と自律神経系の応答に関する研究
・認知症高齢者の周辺症状及び虚弱を指標として転倒予測アセスメントツールの開発
・インシデント自動感知システムの開発に関する研究
・急性期病院に入院する認知症高齢者の転倒予防のためのケアプログラム
・看護系大学教員の医療安全教育力向上プログラムの開発と出前講義システムの構築

学生へのメッセージ

主体的に学び続ければ、必ず、自分の中で何かが起きる。それが、自分を新たなチャレンジに向かわせるはず。 与えられた課題をこなすだけ、やらされているだけの勉強は苦痛でしかない。学ぶことの意味を自ら見出せる4年間であってほしいと願います。それは叶えば、これからの医療専門職としての厳しくも充実した人生を、着実に歩んでいけると思うから。