医療学部の概要



 天理医療大学の目的は、「人に尽くすことを自らのよろこびとする」という天理教の信条教育を基調として、自ら積極的に医療に関わる専門性の高い知識と技術を修得し、真摯に科学する精神を育み、人に対する深い愛情と自分を律する謙虚な心をもってチーム医療の一員としての役割を果たせる人材を育成することにあります。この自律と協働する力を持った医療者を育てるという教育研究上の目的を達成するために、天理医療大学の医療学部には、看護師を育てる看護学科と臨床検査技師を育てる臨床検査学科が置かれています。

 天理医療大学のカリキュラムは、看護学科と臨床検査学科の学生が一緒に学ぶ総合基礎科目と共通専門基礎科目、看護を学ぶ看護専門科目、臨床検査を学ぶ臨床検査専門科目から構成されています。看護専門科目は看護学科の教員が担当し、臨床検査専門科目は臨床検査学科の教員が担当します。そして、演習や実習の科目においては、天理よろづ相談所病院を主たる実習施設とし、実習を行う臨床の現場のスタッフと教員が協働し、大学と臨床が一体となって実習を行います。総合基礎科目と共通専門基礎科目では医療教育・研究センターの教員に加えて、天理大学の教員や天理よろづ相談所病院のスタッフなどの協力を得て教育を行っています。

医療学部の概要

 医療学部の教育には4つの特徴があります。

  • 1. コミュニケーション能力を高めるために協働して行うグループ学習や演習の重視
  • 2. 協働する力を養うために学科や学年を超えた共講科目の配置
  • 3. 自律する力を養うために探索的・自主的学習の支援
  • 4. 臨床に基づいた教育の重視

 医療学部では、学生の皆さんが教職員とともに自らの4年間の学修計画を立て、常に学修内容を検証しながら、充実した学生生活を送り、将来の目標に向かって力強く歩んでいくことができるように支援します。