看護学科 学科長挨拶

変化する社会のニーズに応える看護師を育成

 医療を取り巻く環境が変わりゆく中で、人々の健康ニーズはますます多様かつ複雑化するいま、豊かな人間性と高度な専門性を備えた質の高い看護師が求められています。このような看護師を育成するため、本学ではさまざまな取り組みをしています。

 本学には、2つの学科があります。看護学を目指す学生だけではなく、異なる学問分野の学生と学年を超えて学習する科目が複数あります。これらを学習する中で、体験や意見の異なる人々との交流を通して、看護師に不可欠な他者を深く理解する能力や自己の考えを他者に伝える能力を高めることができます。
 また、看護専門科目は、まず座学で学び、そこで得た知識や技術を学内で模擬患者やモデルに適用し、その上で、臨床現場で看護の対象に適用できるカリキュラムとしています。そして、それらは、天理よろづ相談所病院をはじめとする近隣の保健医療福祉機関と連携して行っています。大学教員の他に、臨床で活躍する実践経験が豊富な指導者に学ぶことで、実際の看護活動に触れながら、専門的な知識や技術を確実に学ぶことができます。
 さらに、さまざまな研究手法を学び、それを活用して看護をテーマにした研究計画書を作成します。一連の研究過程を体験的に学習することで、これまでに蓄積された看護の知識体系を看護実践に活用する方法や自己の関心事を研究的に追究する基礎的能力を学ぶことができます。

 私たちは、看護師になるという学生の目標を全力でサポートし、将来、変わりゆく社会のニーズに柔軟に応えることのできる看護師の育成を目指します。

看護学科長
林 みよ子