看護学科 教員紹介

現在着任済みの教員
氏 名 林 みよ子(ハヤシ ミヨコ)
職 位 看護学科 教授
学 位 博士(看護学)
主な
担当授業科目

共通基盤看護学実践論Ⅰ(健康回復を支える看護)
共通基盤看護学実践論Ⅲ(急性期療養過程を支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅳ(急性期療養過程を支える看護)
クリティカルケア論
看護研究演習Ⅰ
看護研究演習Ⅱ
総合実習〔成人・急性系部署担当〕

主な
研究テーマ
脳卒中患者の家族介護者の早期在宅移行支援
看護師の看護実践能力の育成
学生への
メッセージ
私は、人にはそれぞれに、健康を取り戻し元気に生きるための力や強さを持っていると思って看護してきました。それは、学生についても同じです。皆さんには未来に向かって成長していく力や強さを持っていると信じ、その力を引き出して発揮できるようにサポートしています。
一緒に頑張りましょう。
氏 名 岩本 淳子(イワモト ジュンコ)
職 位

看護学科 教授

学 位 博士(保健学)
主な
担当授業科目

共通基盤看護学概論Ⅱ
共通基盤看護学実践論Ⅱ(セルフケアを支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅲ
健康支援方法論
看護研究演習
総合実習
卒業前技術演習

主な
研究テーマ
私は、人の健康や安全を対象にした調査・測定を実施し、疫学的な分析手法を用いて保健医療に関わる社会自然環境が人々の健康や安全に及ぼす影響を体系的に解明していくことを目指しています。また、慢性疾患の療養生活を支援する方法や地域包括ケアに関する課題、大学の教育方法の研究について関心を持っています。
現在、取り組んでいる研究テーマは、
1.病床の明るさと病院内転倒の関係について
2.健康づくり対策・地域包括ケアの進め方
3.医療者教育における反転授業を活用したアクティブ・ラーニングの実践と評価、等です。
学生への
メッセージ
学生さんには共通の特徴があります。それは、「迷い」を抱いて、多少強めの不安を感じることです。
人は、その時々でメリットとデメリットを考えてリスクの少ない選択肢を選んでいますが、考える力と考えの要素となる知識を持っていることが大きな力になります。どうか、大学生の自由に学べる時間を最大限活用して見識を獲得していくことと、迷いを解決していく経験を蓄積してください。
自分でよく考えた末に下した決断があれば、人は自信と勇気をもって前へ進んでいくことができます。大学生活には様々な誘惑がありますが、将来「これが自分だ」と言えるような人生を送るために「今」何をすることが大切だろうかと考えて毎日を過ごすことができればいいですね。私も折に触れて自分に問い聞かせていることであります。
氏 名 江南 宣子(エナミ ノブコ)
職 位 看護学科 教授
学 位 博士(医学)
主な
担当授業科目

母性看護学概論
母性看護学実践論Ⅰ(女性のライフサイクルと健康)
母性看護学実践論Ⅱ(周産期の看護)
母性看護学実習
ウイメンズヘルスケア論
看護研究演習Ⅰ
看護研究演習Ⅱ
総合実習
看護実践能力の探究

主な
研究テーマ
NICUにおける母乳育児支援活動を通して、早産児の母親の母乳分泌継続のための援助のあり方、 NICUスタッフが共通した母乳育児の情報提供ができるためのシステムと工夫、障害をもつ子どもの家族への育児支援への取り組みなど、これまでNICUで関わった親子を通してさまざまな課題を与えられてきました。最近は、低出生体重児の出生やNICU入院リスクの遺伝的要因の研究に取り組んでいます。
学生への
メッセージ
健康な体とこころを持って生まれた皆さんのかけがえのない生命をどう活かしていきますか?あなたが差しのべる手を待っている誰かのためにあなたは知識と技術と、そしてこころを磨いていきましょう。
氏 名 岡本 響子(オカモト キョウコ)
職 位 看護学科 教授
学 位 博士(学術・心理学) Ph.D
主な
担当授業科目

精神看護学概論
精神看護学実践論Ⅰ
精神看護学実践論Ⅱ
精神看護学実践論Ⅲ
精神看護学実習Ⅰ
精神看護学実習Ⅱ
メンタルヘルスケア論
看護研究演習Ⅰ
看護研究演習Ⅱ
総合実習
障がい論

主な
研究テーマ
看護学生から新人看護師への移行期間におけるリアリティショックやストレスに関する研究
ひきこもり者の高齢の親への支援に関する研究
精神科病棟における行動制限に関する研究

学生への
メッセージ
勉強に追われることと思いますが、その中でもしっかり自分のやりたいこともやりながら成長していってくださいね。長期の旅行をしたり、ボランティア活動などにも参加して、体験を積み重ね、人生の肥やしにしてくださいね。
氏 名 塚原 節子(ツカハラ セツコ)
職 位 教授
氏 名 三毛 美恵子(ミヤケ ミエコ)
職 位 看護学科 教授
学 位 学術修士(健康科学)
主な
担当授業科目

実践基礎論Ⅰ
実践基礎論Ⅱ
共通基盤看護学実践論Ⅰ
実践基礎看護学実習
看護研究演習Ⅰ
看護研究演習Ⅱ
看護実践能力の探求
総合実習 など

主な
研究テーマ
看護技術教育における教授内容の検討
看護学実習における目標の到達に関する研究
女子学生の骨粗鬆症に関する知識と運動の関係 など
学生への
メッセージ
主に1・2回生を対象に、看護技術の講義・演習・実習を担当しています。専門職となる皆様が、生涯使い続けるであろう看護技術の礎となる技を修得していただけるように関わっております。技術は、手順のみを覚えるのではなく、なぜそうするのか、根拠をしっかり理解した上で、技術を身につけてほしいものです。事前学習を行い、演習後も反復練習をし、確実な知識と応用できる技術の修得を目指して頑張って下さい。
氏 名 長田 律子(ナガタ リツコ)
職 位 広域発展看護学 講師
学 位 修士(社会福祉学)
主な
担当授業科目
広域発展看護学実践論Ⅱ(地域社会と社会システム)
広域発展看護学実践論Ⅲ(在宅療養を支える看護)
広域発展看護学実習Ⅰ・Ⅱ
総合実習
主な
研究テーマ
在宅看護において介護支援専門員や介護福祉士等、福祉職の方たちとの連携は欠かせません。しかし現実は連携が上手くいかないことも多くあります。上手くいかないことを論じる前に自分が福祉について学ぶ必要があると考え、以後、社会福祉学を専攻し学んでいます。今は福祉と医療、お互いが理解しあう教育を基礎教育で行う多職種連携教育を研究しています。
また、在宅における終末期看護についても研究を進めていきたいと思っています。
学生への
メッセージ
私は教員になるまで訪問看護師として障がいや疾病を持ちながら在宅で療養される方々をサポートしてきました。「家」には療養者さんとその家族が培ってこられた歴史があり、1つとして同じものはない「生活」があります。そこで看護活動を行う在宅看護の難しさ、やりがい、魅力を伝えたくて教員になりました。
地域で療養する対象を支えるためには、看護師として何が出来るのか、一緒に考えて一緒に学んでいきましょう。
氏 名 松井 利江(マツイ リエ)
職 位 講師
学 位 修士(人間学)
主な
担当授業科目
共通基盤看護学実践論Ⅰ(健康回復過程を支える看護)
共通基盤看護学実践論Ⅱ(セルフケアを支える看護)
共通基盤看護学実践論Ⅲ(急性期療養過程を支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅰ(看護過程と看護診断)
共通基盤看護学実習Ⅱ(健康回復過程を支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅲ(セルフケアを支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅳ(急性期療養過程を支える看護)
がん看護論
緩和ケア論
主な
研究テーマ
がん患者と家族の看護,特に婦人科がん患者と家族の看護に関する研究をしています。
学生への
メッセージ
“自分自身を客観的に捉える努力”をすること。一見すれば看護師になることと関係がないように思うかもしれません。しかしこれは,患者さんやご家族を尊重し,質の高いケアを実践する看護師に最も重要で,なくてはならない能力のひとつだと確信しています。4年間の大学生活を通じて,この能力を培ってください。
そして、常に探究心を持って学びましょう!私は,皆さんを全力でサポートします。
氏 名 齋藤 洋子(サイトウ ヨウコ)
職 位 講師
学 位 修士(看護学)
主な
担当授業科目
実践基礎論Ⅰ(活動することを支える看護活動)
実践基礎論Ⅱ(生きていくしくみを支える看護方法)
実践基礎論Ⅲ(フィジカルアセスメント)
実践基礎看護学実習(生活を整える看護)
共通基盤看護学実習Ⅰ(看護過程と看護診断)
共通基盤看護学実習Ⅱ(健康回復過程を支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅲ(セルフケアを支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅳ(急性期療養過程を支える看護)
看護研究方法論
看護研究演習Ⅰ・Ⅱ
総合実習
看護実践能力の探求
主な
研究テーマ
関心のある分野は看護教育学、看護哲学、看護技術論で、現在は以下のテーマに取り組んでいます。
就職後3か月までの新人看護師の職場適応に関する体験
成人看護学慢性期実習における学生の学びレポートの内容分析
成人看護学慢性期実習の充実に向けた教育方法の改善
学生への
メッセージ
看護学の世界へようこそ!看護は実践の学問で他者によって評価を受ける職業です。4年間の学生生活を大切にてください。人の一生について学び豊かな経験を積み、幸せな生涯を生きられるようともに看護実践の知の様式を学びましょうね。
氏 名 菊本 由里(キクモト ユリ)
職 位 講師
学 位 修士(健康科学)
主な
担当授業科目
老年看護学実践論Ⅰ
老年看護学実践論Ⅱ
老年看護学実践論Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ・Ⅱ
看護研究方法論・看護研究演習Ⅰ・Ⅱ
看護実践能力の探求
総合実習
主な
研究テーマ
認知症高齢者のケアの有効性について(タクティールケア・回想法)
地域包括ケアシステムの構築、地域住民による見守りシステム開発
地域住民における介護予防教室の効果
学生への
メッセージ
4年間の大学生活は長いようであっという間です。みなさんが、よく学びよく遊ぶこと、感性を磨くこと、知識だけではなく人として成長できる期間になるようにサポートしていきたいと思います。
私は、高齢者にとっても他の世代の方にとっても住みやすい社会になるようにお役に立ちたいと思っています。ぜひ一緒にこれからの社会を支えるための方法を考えていきませんか。
氏 名 石橋 かず代(イシバシ カズヨ)
職 位 講師
学 位 修士(看護学)
主な
担当授業科目
小児看護学概論
小児看護学実践論Ⅰ(健康な子どもの発達と看護)
小児看護学実践論Ⅱ(治療過程にある子どもと看護)
小児看護学実践論Ⅲ(子どもの特徴的な疾患と看護)
小児看護学実習Ⅰ(健康な子どもの発育と看護)
小児看護学実習Ⅱ(治療過程にある子どもと看護)
総合実習
主な
研究テーマ
小児がん患者の長期フォローアップ(主に社会的自立支援)に関する研究。
病気が治癒した後も、長期間合併症と闘いながら地域で生活する小児がん患者は多くいます。小児がん患者が、合併症とうまく付き合いながら、子どもから大人へと成長し、社会人として自立するための支援について研究しています。
学生への
メッセージ
医療者を目指す皆さんにとって、この大学で過ごす4年間は大きな「成長」の時ですね。失敗を恐れず、伸び伸びと楽しく、それぞれの花を咲かせていきましょう。学習や生活の中で、悩み立ち止まることもあると思います。そんなときは看護・人生の先輩として、全力でサポートしていきます。
一緒に成長していきましょう。
氏 名 高橋 里沙(タカハシ リサ)
職 位 講師
氏 名 田村 博美(タムラ ヒロミ)
職 位 看護学科  母性看護学領域 助教
学 位 看護学修士 (医学系研究科 看護学専攻)
主な
担当授業科目

母性看護学概論
母性看護学実践論Ⅰ,Ⅱ
母性看護学実習
ウィメンズヘルスケア論
看護研究演習Ⅰ
看護研究方法論
看護実践能力の探究

主な
研究テーマ
母乳育児,母親,自己効力感,育児不安
学生への
メッセージ
「私は看護師になる!」の夢をもったときのことを思い出して、その夢の実現をするためにどうしたらいいのかを考えながら勉学に励んでください。
そして、応援しますのでぜひ!夢を実現させましょう。
氏 名 伊藤 咲(イトウ サキ)
職 位 助教
学 位 学士(教養)
主な
担当授業科目

老年看護学実践論Ⅰ
老年看護学実践論Ⅱ
老年看護学実践論Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ
老年看護学実習Ⅱ
総合実習
看護研究演習Ⅰ
看護研究演習Ⅱ

主な
研究テーマ
・高齢者の看護で、残存機能を引き出す看護(もてる力)、高齢者の自尊心を尊重した関わり、自発性を高める看護、認知症の看護など
・意欲を引き出す、不安のある患者に寄り添う看護などコミュニケーション、対象との関わり方など
上記、キーワードにし、看護は人と人との関係性により、その人の持つ力を引き出したり、逆に弱めたりもします。その持てる力が、どんな関わりで、どんな場面で引き出されるのか…など、視野を広げ探究していきたいと考えています。この結果を、皆さんの看護教育に活かし看護の喜びを共に味わいたいと願っています。
学生への
メッセージ
 皆さんは、看護の道を、それぞれの理由をもって選択されました。「人の命を預かる」責任ある仕事です。これからの講義・演習・実習の中で、いろんな経験を積み自分の看護を築きあげていくことになります。患者さんと向き合い、そして、自分とも向き合い「一体、何をしているんだろう、自分って」など様々な壁にぶつかることもあると思います。その壁は、貴重な自分の成長の時ですね…1人で抱え込まず、そのサインを出し前へ進んでいきましょう。この経験が自分の自信に繋がります。
 学習、生活面の支援をさせて頂きますので、気軽に声をかけてください。
氏 名 塚田 桃代(ツカダ モモヨ)
職 位 母性看護学 助教
学 位 学士(看護学)
主な
担当授業科目

母性看護学概論
母性看護学実践論
母性看護学実習

主な
研究テーマ
周産期のメンタルヘルスについて>
学生への
メッセージ
母性看護学は、妊娠や出産といった場面だけでなく、女性の一生を通しての健康支援を考える学問です。命の誕生から終わりのときまでのケアを、一緒に考えていきましょう。
氏 名 高橋 晶(タカハシ アキ)
職 位 助教
氏 名 小川朋子(オガワ トモコ)
職 位 助教
学 位 修士(看護学)
主な
担当授業科目
共通基盤看護学の講義や演習の補助と実習指導を担当
主な
研究テーマ
看護職者としての成長について研究しています。
「自分は周囲に比べて遅れている」「技術や業務の習得が思うように進まない」「何度も同じ失敗を繰り返してしまう」等と悩んでいる看護師さんたちをサポートするための、学習支援や環境調整を考えていきたいと考えています。
学生への
メッセージ
大学に在学している期間は、看護学生としても、一人の人間としても大きく成長できる貴重な時間だと思います。皆さんの成長をサポートしながら、私自身も皆さんと一緒に成長していきたいと思っています。
よろしくお願い致します。
氏 名 橘 美保子(タチバナ ミホコ)
職 位 助教
学 位 修士(社会学)
主な
担当授業科目

小児看護概論
小児看護学実践論Ⅰ
小児看護学実践論Ⅱ
小児看護学実践論Ⅲ
小児看護学実習Ⅰ
小児看護学実習Ⅱ

主な
研究テーマ
看護学実習における感情労働経験についての実証的研究
看護学生の感情と社会
発達と社会(発達障害)
小児看護学実習におけるプリパレ-ション
学生への
メッセージ
看護学生として大学生活の中でしか味わえない、講義、実習といった学習経験をもとに、人と人との相互関係、看護と社会という視点から、看護とは何かを共に思考し、探求していきたい。
小児看護学を通し、学生の持つ力が充分発揮できるよう、先を見据えた根拠ある指導を行い、自己研鑽し続けたいと考えています。
氏 名 吉村 牧子(ヨシムラ マキコ)
職 位 助教
学 位 学士(看護学)
主な
担当授業科目

老年看護学実践論Ⅰ
老年看護学実践論Ⅱ
老年看護学実践論Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ
老年看護学実習Ⅱ
総合実習
看護研究演習Ⅰ
看護研究演習Ⅱ

主な
研究テーマ
高齢者の主観的健康感
地域包括ケアシステム構築にむけた地域づくりについて
在宅認知症高齢者を支える環境について
学生への
メッセージ
長いようで短い学生生活、勉強だけでなくいろいろなことに興味を持ち、積極的に楽しんでください。何事も皆さんの将来の糧になります。
たくさんの体験を通して、人として大きく成長できますように。
氏 名 森本 茜(モリモト アカネ)
職 位 助手
学 位 学士(教養)
主な
担当授業科目

共通基盤看護学実習Ⅰ
共通基盤看護学実習Ⅱ
実践基礎看護学実習
医療実践基礎実習
実践基礎論Ⅰ
実践基礎論Ⅱ
実践基礎論Ⅲ
共通基盤看護学概論Ⅰ

主な
研究テーマ
認知症早期発見のための訪問看護師のアセスメント能力の実態
学生への
メッセージ
主に基礎看護学の担当ですので、今までの臨床経験を生かし、看護の基盤となるところを学生に伝えられるよう頑張ります。
氏 名 國井 由加利(クニイ ユカリ)
職 位 助手
主な
担当授業科目

精神看護学実習Ⅰ.Ⅱ

主な
研究テーマ
がんを併発する統合失調症患者に対する看護援助(意思決定を通して)について
学生への
メッセージ
精神看護では、対象者の理解だけでなく、自己洞察しながら自分という人間をも理解する機会になると思います。「人」について一緒に考え学んでいけたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
氏 名 森 知美(モリ トモミ)
職 位 助手
学 位 学士(社会福祉学)
主な
担当授業科目

共通基盤学実践論Ⅰ
共通基盤学実践論Ⅲ
実践基礎看護学実習
共通基盤看護学実習Ⅰ
共通基盤看護学実習Ⅱ
共通基盤看護学実習Ⅲ
共通基盤看護学実習Ⅳ
総合実習

主な
研究テーマ
研究はこれからですが、女性がん患者が自分の病気を子供に伝えるときの支援について考えていきたいです。
学生への
メッセージ
本年度から着任いたしました。
学生のみなさまが座学での学びを生かし、実習で看護を実践できるよう全力でサポートしていきたいと考えています。
氏 名 舩瀬 孝子(フナセ タカコ)
職 位 特任教授
学 位 修士(学術)
主な
担当授業科目

老年看護学概論
老年看護学実践論Ⅰ
老年看護学実践論Ⅱ
老年看護学実践論Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ
老年看護学実習Ⅱ
看護研究方法論
看護研究演習Ⅰ
看護研究演習Ⅱ
総合実習
看護実践能力の探究

主な
研究テーマ
 要介護高齢者と家族に対する看護援助を研究テーマとしています。老いを生きるということは、度重なる喪失体験や人生最終で最大の危機に適応していかなければなりません。高齢者は、自分自身が置かれている状況を受け入れ、人生を回顧し、自己の存在を再確認して一人ひとりの人生を生きてきた人です。要介護高齢者の老いを生きる思いに寄り添う看護を提供することを追究したいと思います。
学生への
メッセージ
 看護に必要な専門的知識・技術を学ぶとともに、人に出会って感動し、自分が自分らしく生きるために勇気をもって夢の実現を目指してください。
氏 名 秦 るみこ(ハタ ルミコ)
職 位 特任教授
氏 名 佐竹 幸美(サタケ ユキミ)
職 位 特任教授
学 位 教育学部 教育学科
主な
担当授業科目

広域発展看護学概論
広域発展看護学実践論Ⅰ
広域発展看護学実践論Ⅱ
広域発展看護学実践論Ⅲ

学生への
メッセージ
 高齢化社会の我が国においては、2000年の介護保険の開始から訪問看護師に求められる役割や機能は大きくなっている。また、地域包括センターの設置に伴い、医療・福祉・保健の連携や協働の中でも看護師の果たす役割は重要となっている。広域発展看護学の講義から地域に生活する人々の援助の方法を学び、実習をとうして専門職業人としての基礎的能力を身につけられるよう成長を支援していきたいと思っています。
氏 名 土井 惠子(ドイ ケイコ)
職 位 特任講師
学 位 短期大学士
主な
担当授業科目

実践基礎看護実習
共通基盤看護学実践論Ⅰ(健康回復を支える看護)
共通基盤看護学実践論Ⅲ(急性期療養過程を支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅰ(健康回復を支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅱ(セルフケアを支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅲ(急性期療養過程を支える看護)
共通基盤看護学実習Ⅳ(急性期療養過程を支える看護)

主な
研究テーマ
研究はこれからですが、「急性心筋梗塞後遺症患者の生活の質」
「循環器疾患終末期患者の家族支援」に関心があります。
学生への
メッセージ
私は、臨床・施設・在宅と多様な場で複数領域の看護に携わった後、教育と研究の世界へと身を転じました。長い看護師経験の中で出会わせていただいた方々を通して培った看護観をもとに、学生の皆さまの道を拓き夢を叶えるお手伝いができればと思っています。この貴重な学生時代に、たくさんの経験と出会いを得て感性を磨き、この先の保健・医療・福祉の現場で活躍できるよう、人として大いに成長してください。看護は素晴らしい職業です。一緒に頑張りましょう。
平成29年5月8日 更新