実習先病院との連携

看護学科

実習水準の確保について
実習先病院との連携看護学科イメージ画像

 本学科の臨地実習では、本学の設置母体の医療施設である天理よろづ相談所病院を主たる実習病院として確保しています。各看護学の実習前には、実習目標・実習方法などを明記した「実習要項」に沿って、科目担当教員が学生に対してオリエンテーションを行い、実習に対する心構えや留意点、実習を効果的にするための事前学習などについて説明し、実習の目的、方法が理解できるようにします。また、実習前・実習中・実習後に、実習での体験を振り返る時間を設けることにより体験の意味づけができるようにします。
 実習においては、原則として学生5人を一つのグループとして実習配置し、科目担当教員・助手と臨地実習指導者が関わり、実習の計画・実施・評価を行います。
 各看護学領域の責任者は、科目担当教員と助手に対して、実習指導の在り方、学生へのかかわり方、臨地実習指導者との調整、事故対応策などについて事前に十分な確認・指導を行い学生の実習を支援します。また、実習中及び実習後に臨地実習指導方法について報告し、検討するためのミーティングの場を設けます。これにより、科目担当教員や助手の教育者としての成長を促し、教育実践能力の向上を図り、実習水準が担保できるように努めます。
 実習施設の臨床実習指導体制として、各施設とも実習指導経験を有し必要な研修を受けたものに依頼します。特に、主たる実習施設においては、原則として5年以上の臨床経験を有し、厚生労働省から委託された機関が主催する研修を受けた者に依頼します。実習時は、学生の実習指導を行い、不在の場合は学生の受け持つ患者の担当看護師・実習先の責任者が指導を行い、臨地実習における教育の質の確保を図ります。
 また、臨地実習指導者に対するFD(ファカルティ・ディベロップメント)については、大学と実習施設の看護部と共同して臨地教育で運営し、臨地教育の意義、方法、教育の実践例などに関する講義・演習等を行い臨地実習における学生教育の向上について理解を求めます。

実習施設との連携体制

 学生を受け入れる実習指導者及びスタッフとの緊密な連携を図るために、定期的な情報交換の機会を設け、教育方針・実習目的の相互理解を図り、実習の質の向上を図ります。具体的には、臨床現場との連携については、実習施設との連携体制(下図)に示した体制とします。大学から実習施設あてに実習依頼をし、承諾を受けた後、「学生委員会」の中におく小委員会が会議を主催し、臨地実習前に教育目的・方法、実習における到達目標、評価などについて説明します。実習中は日常的に連絡・調整を行い、実習後には目標の到達度、運営上の問題などの情報交換を行います。このように、事故・感染症発生時においては、実習施設の規定及び大学の報告体制に従い、連携を取りながら速やかに対処します。学生を受け入れる実習指導者及びスタッフとの緊密な連携を図るために、毎日のカンファレンスを活用し定期的な情報交換の機会を設け、学生の状況の共有および教育方針・実習目的の相互理解を深める場をつくることで、実習の質の向上につなげます。
 特に主たる実習施設である公益財団法人天理よろづ相談所病院においては、大学開設準備期間から大学における教育課程・実習計画・実習指導方法について理解を得て、実習指導体制の確立に向けて、準備を進めています。

 開学後は、図に示すように、看護部、看護師長会、主任会、教育・研究委員会、実習指導者会等通して、主たる実習施設の教育資源の活用と、大学教員の教育資源の提供を図り、臨床の場を教育の場とすることができるよう恒常的な連携体制を構築します。

実習担当者連絡会議図
実習先病院からのメッセージ

臨床検査学科

臨地実習の具体的計画
実習施設先の確保の状況

 実習施設は設置母体である天理よろづ相談所病院です。同病院はいわゆる総合病院として多くの診療科を有します。臨床検査室(臨床病理部)も臨床検査に関して、学生の臨地実習を受け入れるための十分なスタッフ(臨床検査技師、約100名)と実習スペースを有していること、またほとんどの臨床検査が本病院における臨床病理部でのみ行われていることから、一施設での臨地実習が可能です。

実習先との契約内容
実習先病院との連携看護学科イメージ画像

 実習において臨床検査技師としての基本的な実践技術及び施設における検査部門の運営に関する知識を修得し、被検者との適切な対応方法を学ぶことを通して医療チームの一員としての責任と自覚を養うことを目的としています。
 臨床検査全体を幅広く実習(臨地実習ローテーション)し、検査業務だけでなく被験者への接遇、受付、採血、検体の前処理、報告、データ管理等検査の流れ・仕組みが理解できる内容とします。関連部署を月、火及び水曜日の3日間単位でローテーションし、計20箇所20週の実習期間とします。ただし、病理組織・細胞診検査、微生物検査、循環器機能検査及び画像検査の4箇所(科目)については検査の理解に時間を要するため2週の実習期間としています。
 実習の構成は、臨床検査技師としての専門的知識及び技能を深め、実践能力を培うため、臨床検査専門科目群の中の「形態検査学」「生物化学分析検査学」「病因・生体防御検査学」「生体機能検査学」及び「検査総合管理学」の5分野としました。臨床検査専門科目群の中の残りの「臨床病態学」は各分野の実習における検査値の読み方及び使い方を通して学びます。

実習水準の確保の方策

 実習水準を確保するため以下のことを行います。

  • 1.臨地実習手引きの作成
     臨地実習の水準を確保・達成するために実習の目標、履修方法、評価方法等を定め、学生、現場の指導者及び教員が共通の認識を持って実習を進めます。
  • 2.経験豊かな現場の実習責任者の設置
     現場の実習責任者は原則として臨床経験を10年以上有し、大学教育と臨地実習の目的を十分理解した者とします。実習担当教員は実習状況を把握し、現場の指導責任者と連携をとって実習が有効かつ円滑に進むよう務めます。
  • 3.実習前の講習会
     実習施設の臨地実習指導者および責任者に対して、学内で行った実習内容とともに、臨地実習の計画、目的・目標、評価方法等について講習会を開催します。
  • 4.大学教員と臨地実習責任者・指導者との間における臨床検査に関する知識・技術レベルの共有
     学内実習と臨地実習に一貫性を保つために、臨地実習前の講習会、前後の定期の連絡会等で情報を共有する他に、大学教員と臨地実習責任者・指導者、双方が参加する研修会等で臨床検査に関する課題、最新の知見等について情報交換を図ります。
実習先との連携体制

 実習担当教員は定期的に臨地実習施設に赴き実習状況を把握するとともに日頃より現場の指導者及び責任者と連絡をとって円滑な実習を進めます。
 また実習責任者・技師長・臨床病理部長と担当教員・臨床検査学科長は臨地実習の前後及び中間で定期的な情報交換の機会を設け、教育方針・実習目的の相互理解を図り、実習の質の向上を図ります。その他、問題が生じた際は適宜、協議の場を設けます。

実習前の準備及び指導

 学生に対して、臨地実習の手引き書をもとに、実習の計画、現場での諸注意、また事故防止と個人情報保護についてオリエンテーションを行い、遵守事項の周知徹底を図ります。
 実習前のオリエンテーションは大学教員だけでなく、臨地実習病院検査室の責任者である臨床病理部長、臨床検査技師長等にも協力を得て行います。
 一方、実習施設の臨地実習指導者及び責任者に対して、学内で行った実習内容とともに、臨地実習の計画、目的・目標、評価方法等について講習会を開催し、大学教員と共有認識をするとともに、事故防止、個人情報保護についても周知徹底を図ります。また大学内及び臨地実習施設での研修会等で臨床検査に関する課題、最新の知見等について情報交換を図ります。
 なお学生は入学時に学生用の自賠責保険に加入します。実習中、何らかの問題が生じた場合は、実習指導責任者、病院職員、大学教員及び職員等が連携して対応します。

実習先病院からのメッセージ