沿革

 公益財団法人天理よろづ相談所は、昭和41年に天理よろづ相談所病院(別称 憩の家)を設立し、医療奉仕活動を続けています。天理教教義の教養を備え、「たすけの心」=「人に尽くすことを自らのよろこびとする心」を基本とした医療者の育成事業としては、昭和42年に天理高等看護学院(現 天理看護学院)と天理衛生検査技師学校(現 天理医学技術学校)を開校。これまで多くの看護師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士が卒業し、奈良県内のみならず、広く全国の医療機関や医療施設で活躍しています。
 学校法人天理よろづ相談所学園は、この両校の理念と実績を継承し天理医療大学を設立します。

年表
昭和41年 天理よろづ相談所病院 設立
昭和42年 天理高等看護学院 創立 定員50名
天理衛生検査技師学校 開校
昭和48年 天理衛生検査技師学校 学校名を「天理医学技術学校」に改称
昭和52年 天理高等看護学院 学生寮「第2よろこび寮」竣工
学則一部改正 学生定員を1学年80名に増員
昭和54年 天理高等看護学院 専修学校認可 学院名を「天理看護学院」に改称
天理医学技術学校 専修学校<医療専門課程>認可
昭和60年 天理看護学院 3年過程認可 第一看護学科と呼称、定員50名
従来の2年過程は第二看護学科と呼称 定員50名
平成 6年 天理医学技術学校 「専門士」称号授与認可
平成 7年 天理看護学院 「専門士」称号授与認可
平成 8年 天理看護学院・天理医学技術学校 新校舎竣工
平成10年 天理看護学院 学則一部変更 第一看護学科定員70名
第二看護学科定員30名
平成13年 天理医学技術学校 臨床工学専攻科(昼間1年制)新設
平成15年 天理看護学院 学生寮を「よろこび寮」と改称
男子学生寮「おやさと一号館」竣工
平成17年 天理看護学院 第二看護学科閉科
天理看護学院 助産学科(昼間1年制)新設
平成21年 女子学生寮「別所よろこび寮」竣工
平成23年 学校法人天理よろづ相談所学園 設立
天理医療大学 大学設置認可