大学概要

教育研究上の理念

 専門領域のみならず社会人としての豊かな知識を持ち、真摯に科学する精神に裏打ちされた医療に関わる専門性の高い技術や研究する能力を備え、人に対する深い愛情と自分を律する謙虚な心を持つことが天理医療大学(医療学部)の教育研究上の理念です。

教育目的

 天理医療大学は、教育基本法及び学校教育法に則り、人に尽くすことを自らのよろこびとするという天理教の信条教育を基調として、広く知識を獲得し、医療に関わる専門性の高い技術を習得し、真摯に科学する精神を育み、人に対する深い愛情と自分を律する謙虚な心をもった人材を育成することを目的とする。

ディプロマポリシー(卒業認定に関する方針)

 本学では、所定の単位を修得し、以下に到達した学生に学士の学位を授与します。

  • 1. 豊かな人間性、高い倫理観とプロフェッショナリズムを持って行動できる。
  • 2. 良好な人間関係を築くためのコミュニケーション能力を身につけている。
  • 3. 看護学あるいは臨床検査学の専門性の高い知識と技術を持ち、それらを総合的に活用できる思考力・分析力を持っている。
  • 4. 医療チームの中で専門性を発揮するための自律する力とチームの力を引き出すための協働する力を兼ね備えている。
  • 5. 常に学習し、医療の中で直面する課題を真摯に科学する心を持って探究する力を身につけている。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

 本学の教育理念およびディプロマ・ポリシーに基づいて、以下の基本方針で教育課程を編成・実施します。
 ※各項目をクリックすると詳細をご覧いただけます。

 ひとりの社会人であると同時に医療のプロフェッショナルとなるためには、人を愛し、深く理解し尊重する姿勢やプロフェッショナルとしての自覚・意識を持つことが必要です。
 豊かな人間性を育むために、生命、宗教、法律、身体、心理などさまざまな角度から人の営みを伝える科目群を通して、いのちの尊厳、人間の理解を深め、社会を知るための教育を行います。これらの科目は、講義と小グループでの演習を基本とし、講義で学んだ知識を基盤に、他者の考えを聴き、自分の意見を伝えることで、人間と社会について基本的な知識を学べるようにします。
 また、高い倫理観とプロフェッショナリズムを育むために、医療の分野に関わる社会のしくみとそこで働く人々を深く理解し、そこで活躍するプロフェッショナルとしての社会的な責任や守るべき規則を学習できるようにします。総合基礎科目で基本的な考え方を学び、専門科目で看護学あるいは臨床検査学それぞれの学問領域における倫理的課題や科学的根拠に基づいた看護技術・医療技術を学び、臨地実習や研究活動を通して体験的に学習できるように教育します。
 これらの学修成果は、客観試験、レポート、実習中の行動・態度・姿勢などで評価します。

 社会人として社会の中で働くということ、そして「人に尽くす」ことの意味を理解して行動するためには、他者との良好な関係をつくることができるコミュニケーション能力が不可欠です。初年時教育として、学生間のコミュニケーションからさまざまな年齢層の方とのコミュニケーション、医療者とのコミュニーションへと発展させながらコミュニケーションを段階的に学習できるようにしています。
 また、社会では、立場や年齢などの異なる人々と関わることが多く、医療現場では、多職種と協働する力も必要です。その力を高めるため、看護学科と臨床検査学科という異なる2つの専門領域の学生が合同で学習する科目を多く配置し、1年次から縦断的に学習してチーム医療に不可欠な他職種への理解を深め、臨地実習で医療チームの実際を体験したのち、4年次に医療チームにおいて専門性を発揮しながら他職種との良好なコミュニケーションを実現する方法を学んでいきます。
 これらの学習は少人数でのグループ学習が中心で、そこで学び得たことから自己の考えをまとめたレポートで学修成果を評価します。

 生化学、栄養、薬理、感染のような横断的な科目と解剖、生理、病態・病理、疾病の治療を臓器別に学ぶ系統的な科目を配置し、体のしくみと医療を立体的に学ぶことができます。そして膨大な知識の習得に向けた探索的・自主的学習を支援するために、eラーニングを導入し、予習や復習、自己学習と自己評価ができるようにします。このことで、自ら積極的に知識や技術を学びとる学習態度を身につけることがきるようにします。
 ますます高度・専門化する医療現場では、遭遇する問題を解決するための知識や技術を身につけるだけではなく、問題を多面的にとらえて分析し解決策を模索するという飽くなき探究心が不可欠です。入学後の早い時期に臨地実習を行い、学生の知的好奇心と医療のプロフェッショナルとして学習に取組み始める自覚を育みます。そして、専門科目では、医療施設、介護施設、行政関連施設などで実習を行うとともに、それらの施設から、看護職者・臨床検査技師・医師等を講師に迎え、それぞれの施設で行われている医療の最新の知識や技術を学習できるようにしています。
これらの学修成果は、客観試験、レポート試験、実技試験から総合的に評価します。

 医療においてそれぞれの専門性を高め、協働して活動するためには、医療者に共通した知識や考え方を習得する必要があります。そのために、両学科の学生には、医療の歴史、医療における科学的思考、法律、福祉、医療安全、情報科学などの科目を配置しています。そして、協働的実践のアーリー・エクスポージャーとして医療の現場を見学する実習を行い、2年次には社会の中の相互扶助の活動を合同で調査し、4年次にはそれぞれ学んできた専門的な知識を踏まえて、チーム医療の中で日常的に行われているケース・カンファレンスを実際の事例を用いて行います。評価は、学んだことをまとめて記載するレポートの内容で行います。

5. 常に学習し、医療の中で直面する課題を真摯に科学する心を持って探求する力の育成
 大学を卒業後も常に学習し、医療の中で直面する課題に取り組み、解決に向けて努力していける力を養うために、3年次・4年次には、既習学習や臨地実習で芽生えた課題や疑問について、研究計画を立案あるいは研究を実施し、将来、自律して課題を探究し続ける1つの方法として研究プロセスを学習します。演習科目として学生と教員とが1対1で指導する体制を組み、看護学科においては研究計画の立案、臨床検査学科においては実験計画の立案・実施を行います。評価は、研究の成果を研究計画書あるいは論文・抄録として作成したものおよび成果報告会で行うプレゼンテーション内容によって行います。

 大学を卒業後も常に学習し、医療の中で直面する課題に取り組み、解決に向けて努力していける力を養うために、3年次・4年次には、既習学習や臨地実習で芽生えた課題や疑問について、研究計画を立案あるいは研究を実施し、将来、自律して課題を探究し続ける1つの方法として研究プロセスを学習します。演習科目として学生と教員とが1対1で指導する体制を組み、看護学科においては研究計画の立案、臨床検査学科においては実験計画の立案・実施を行います。評価は、研究の成果を研究計画書あるいは論文・抄録として作成したものおよび成果報告会で行うプレゼンテーション内容によって行います。

アドミッションポリシー(入学者受入れに関する方針)

 天理医療大学の教育理念は、「人に尽くすことを自らのよろこびとする」という天理教の信条教育を基調として、専門領域のみならず社会人としての豊かな知識を持ち、真摯に科学する精神に裏打ちされた医療に関わる専門性の高い技術や研究する能力を備え、人に対する深い愛情と自分を律する謙虚な心を持つ者を育成することです。この教育理念を理解した上で、将来医療者として社会に貢献したいという志と、幅広い教養や深い専門的知識と豊かな人間性を兼ね備えた医療人となるという強い意志を持った人を入学者として受け入れます。
 したがって、入学選抜試験では、専門職業人としての学習をするための基礎的な資質や能力として、高等学校教育で達成しておくべき基礎学力、文章の読解力と記述力、自己の考えを発言する力を重要視します。
 入学を希望する皆さんには、高等学校卒業までにいろいろなことに関心を持ち、受験科目にとどまらずしっかり学習し、できるだけ多くの知識を得ておくことを期待します。

学則

天理医療大学 学則

卒業時の学位・資格について

学位

資格

看護学科

学士(看護学)

看護師国家試験受験資格

臨床検査学科

学士(臨床検査学)

臨床検査技師国家受験資格

自己点検・評価報告書

平成24年度自己点検・評価報告書
平成25年度自己点検・評価報告書
平成26年度自己点検・評価報告書
平成27年度自己点検・評価報告書