学長挨拶

人に尽くすことを自らの喜びに
学長

人の生老病死は四苦ともいいますが、いずれにも医療が深くかかわります。医療者はこの苦しみを、ある時は癒し、ある時は和らげ、そしてある時は慰める役割を担っております。時代がいかに変わろうとも、また国が異なろうとも、古今東西共通している事実です。
 天理医療大学では全人的なケアができる人材を養成することを目標としておりますが、それには建学の理念である「人に尽くすことを自らの喜びとする」ことが基本になります。これは本学の支持母体である天理教の教義からきたものですが、近代看護を確立したナイチンゲールが「人に尽くすよろこびこそ生きるよろこび」といっているとおり、ケアの基本であると考えております。
 本学ではさらに「自律」と「協働」を、教育のキーワードとしております。「自身の立てた規範に従って行動し、自分で自分の行為を規制できるようになる」ことが「自律」です。また、現代の医療はチームによって行われます。「チーム医療」はすぐれた「協働」無くして成り立ちません。
 これらの考えを重視した教育を、e-ラーニングなどの近代的教育方法、学習方法を駆使して効果的に行ってまいります。
 われわれは、天理よろづ相談所が80有余年にわたって築いた歴史と伝統を尊重しつつ、さらに新しい教育を推進してまいります。

天理医療大学 学長
吉田 修

副学長挨拶



センター長

 専門領域のみならず社会人としての豊かな知識を持ち、真摯に科学する精神に裏打ちされた医療に関わる専門性の高い技術や研究する能力を備え、人に対する深い愛情と自分を律する謙虚な心を持つことが天理医療大学(医療学部)の教育研究上の理念です。この教育研究上の理念を皆さんが理解し、実践していくためには、自律する力と協働する力を身につけていかなければなりません。
 皆さんが社会人としての豊かな知識と医療に関わる専門性の高い知識や技術を持つには、知るだけではなく、考え、理解し、その結果を周りに発信することが必要です。つまり、受動的に授業を受け、演習や実習で与えられた課題を行うだけでなく、自律して学ぶこと、積極的に協働して学ぶこと、そして学んだ内容を互いに発信することが重要となります。学生同士が協力して学ぶことで、自ら学んだ知識や技術を確認し、さらに広げ、高めていくことができます。
 そのことを実践する基礎を築くのが、総合基礎科目及び共通専門基礎科目です。医療教育・研究センターは皆さんが入学した最初から、全力で皆さんの学修を支援していきます。

副学長
稲本 俊

副学長/教授

稲本 俊(イナモト タカシ)



学 位
博士(医学)
主な担当授業科目
医療の歴史と現在
体のしくみと疾病の成り立ち
医療における科学的思考

主な研究テーマ

乳癌患者の診療を永年行っており、研究テーマは乳癌の診断と治療に関する研究です。各種病態での酸化ストレスの評価とストレス緩和ケアも最近の研究テーマです。

学生へのメッセージ

大学では、専門分野での知識や技術を学ぶとともに、社会人としての常識や考え方、行動規範を学びます。専門職であるとともに社会人として社会の中で生活し、社会のために働くことのできる人材として育っていって欲しいからです。社会の中とは異なり、大学の中で行うことについては失敗することが許されます。失敗をする中で学んでいってください。失敗を恐れず色々なことにチャレンジをしてください。