2021.07.21NOW!vol.22 看護学科4回生「在宅療養を支える看護実習」パート1

「在宅療養を支える看護実習」は、「地域包括ケアシステムの中で、地域の人々が望む暮らしを継続するための看護を展開する基礎的能力を養う」という目的を掲げ、看護学科4回生前期に開講している実習科目です。

実習内容は、訪問看護ステーションを利用されている療養者様のご自宅に同行訪問し、看護の実際を学ぶこと、地域に暮らす人々への看護および在宅で療養されている方への看護を事例情報から学ぶという内容です。

実際の訪問では、学生はとても緊張しながらも、在宅で行われている看護の実際の一場面、一場面を大切に学びを深めています。

また、事前に実際の訪問場面を教員が撮影した映像から、「対象者の望む暮らし」とはどのような暮らしなのか、その暮らしに近づくために看護師としてどのような関わりができるかを、これでもか、これでもかと考え悩みながら看護を見いだしています。

このように多くの学びを得られるのも、療養者様とそのご家族が、コロナ禍であっても「学生さんの学びになるのであれば、どうぞお越し(訪問)ください」と快く受け入れて下さること、そして、「地域在宅での看護の魅力を少しでも多く学生さんに伝えたい」という臨地指導者の熱い指導とともに寄せてくださる後輩への期待があってこそだと感謝の念に堪えません。今日も学生たちは、目の前にいらっしゃる「対象者の望む暮らし」に近づくための看護を追求しています!

在宅3在宅4 在宅5 在宅6 在宅1 在宅2