2021.11.09Now!vol.28 「子どもの成長発達を支える看護」

「子どもの成長発達を支える看護」は、2年生前期に学ぶ授業科目です。

この科目では、小児看護の対象とその特徴を理解し、小児看護の歴史的変遷や現代社会の情勢、家族機能の変化を把握し、小児看護の果たすべき役割と課題について理解することができることを目的としています。

各回の授業では、子どもの特徴、子どもにとっての家族と家族機能と特徴、子どもの各期(新生児期・乳児期・幼児期・学童期・思春期)における形態・機能的、認知・社会的発達の特徴、発達段階に応じたコミュニケーションと遊び、子どもの権利、子どものメンタルヘルス、小児と家族を取り巻く社会など、小児看護に必要な基本となる知識を身につけることができるようにしています。

溝口1溝口2溝口3