看護学科教員紹介

現在着任済みの教員
031_0124
副学長/教授稲本 俊(イナモト タカシ)
大学では、専門分野での知識や技術を学ぶとともに、社会人としての常識や考え方、行動規範を学びます。専門職であるとともに社会人として社会の中で生活し、社会のために働くことのできる人材として育っていって欲しいからです。社会の中とは異なり、大学の中で行うことについては失敗することが許されます。失敗をする中で学んでいってください。失敗を恐れず色々なことにチャレンジをしてください。
詳細
dean_1909_img1
学部長/教授内田 宏美(ウチダ ヒロミ)
 主体的に学び続ければ、必ず、自分の中で何かが起きる。それが、自分を新たなチャレンジに向かわせるはず。
 与えられた課題をこなすだけ、やらされているだけの勉強は苦痛でしかない。学ぶことの意味を自ら見出せる4年間であってほしいと願います。それは叶えば、これからの医療専門職としての厳しくも充実した人生を、着実に歩んでいけると思うから。
詳細
teacher_enami_20211203
学科長/教授江南 宣子(エナミ ノブコ)
健康な体とこころを持って生まれた皆さんのかけがえのない生命をどう活かしていきますか?あなたが差しのべる手を待っている誰かのためにあなたは知識と技術と、そしてこころを磨いていきましょう。
詳細
教授足立 みゆき(アダチ ミユキ)
主に、1回生と2回生の講義・演習を中心に担当しています。学生の皆さんと一緒に「看護とは何か?」を追求していければと思っています。
詳細
教授岡本 響子(オカモト キョウコ)
勉強に追われることと思いますが、その中でもしっかり自分のやりたいこともやりながら成長していってくださいね。長期の旅行をしたり、ボランティア活動などにも参加して、体験を積み重ね、人生の肥やしにしてくださいね。
詳細
教授奥田 眞紀子(オクダ マキコ)
治療のための病院は非日常の場所ですが、人々は病院に来られる前も後も何気ない日常の中で、さまざまな人とつながり、療養を続けておられます。病院だけではなく、ご自宅、学校、保育園、高齢者の施設、障害のある方々の施設などの多様な場で、そしてこれから創造される場で看護は必要とされていきます。
みなさんはどこで誰とどのような看護を実践してみたいですか?
ワクワクしながら、一緒に学んでいきましょう。
詳細
特任教授舩瀬 孝子(フナセ タカコ)
人との関係の中で主体的に目標に向かって学び成長されることを願って
います。「時訪れて花が咲く」私の好きな言葉です。学生の皆さん方との今後の出会いが楽しみです。
詳細
教授溝口 幸枝(ミゾグチ ユキエ)
大学の4年間はあっという間です。看護専門職を目指して、医療・看護について学ぶことはもちろんですが、自律した一人の人間としても成長し、なりたい自分になるために、失敗は成功の基、恐れず様々なことにチャレンジしていきましょう。共に学び・共に悩み、成長していけるようサポートしていきたいと思います。
詳細
教授山中 政子(ヤマナカ マサコ)
臨床ではがん性疼痛看護認定看護師としてがん看護や緩和ケアに携わってきました。そこで出会う患者さんは、命の続くかぎり自分らしくありたいと律する人たちでした。そのような患者さん達の尊い精神に触れて、自分が成長できるのが看護師です。皆さんの将来像の実現をサポートします。一緒に学びましょう。
詳細
准教授高橋 里沙(タカハシ リサ)
詳細
准教授戸田 千枝(トダ チエ)
看護する者は、ケアを受ける側の患者との関係性の中で、何故そのケアが必要であるのかを見極め、思考しながら活動し、常に自分が果たすべき責務は何かを自分自身に問いかけていると思います。一緒に、ケアの本質を探求していきましょう。
詳細
准教授山本 佳世子(ヤマモト カヨコ)
「なぜ生きなければならないのか」「生きる意味ってなんだろう」「死んだらどうなるんだろう」「どうして私がこんな目に合わなければならないのか」。こうした実存的な問いは、患者や遺族の多くが抱えるものであると同時に、様々な困難の中で、誰もが持つことのある問いだとも思います。そして、こうした問いにしっかりと向き合うことが、辛いけれども、その人の人生をより深く、豊かなものにしてくれます。専門職として、患者や家族を支えることができるようになることを目指すと同時に、皆さん一人ひとりの生がより深く、豊かなものになることを願っています。
詳細